ノルアドレナリン

競合的アンタゴニストと非競合的アンタゴニスト

競合的アンタゴニストと非競合的アンタゴニストの違いは?

アンタゴニストとは受容体に作用してアゴニストの作用を抑制、阻害する薬物のことである。抑制剤(inhibitor)、阻害剤(blocker)と呼ぶこともある。これは受容体のアゴニスト結合部位に結合し、競合的に阻害する競合的アンタゴニスト(co…

敗血症の原因、症状、診断、治療

敗血症の原因、症状、診断、治療

敗血症とは、感染症によって生命を脅かすほど重篤な臓器障害が引き起こされる状態である。2016年に改訂された「敗血症および敗血症性ショックの国際コンセンサス定義第3版(Sepsis-3)」で、従来の敗血症の病態の捉え方が変わっており、診断基準に全身炎症性証拠群(SIRS)が消えて、代わりにSOFAスコアが採用されるようになった。敗血症の原因

α受容体とβ受容体の違い

α受容体とβ受容体

α受容体とβ受容体はともに交感神経作用を有するカテコラミンが結合するGタンパク質共役型受容体である。 α受容体はα1、α2の2種類、β受容体はβ1、β2、β3の3種類のサブタイプに分かれている。 ノルアドレナリンはα1、α2受容体に同程度に…

アドレナリンとノルアドレナリンの違い

アドレナリンとノルアドレナリンの違いは?

アドレナリン、ノルアドレナリンなどのカテコール核をもつ生体アミン(カテコラミン)の生合成はともに、チロシンから始まります。チロシンはフェニルアラニンヒドロキシラーゼ酵素によるヒドロキシル化によってフェニルアラニンから生成されます。 チロシン…

循環血液減少性ショック

循環血液減少性ショックの原因、症状、診断、治療

循環血液量減少性ショック(hypovolemic shock)は、出血や脱水が原因で、心臓が十分な血液を末梢に送り出すことができずに血圧低下が起きるショック状態である。早急に対処しないと臓器不全をきたす。 循環血液減少性ショックの原因 通常…