悪性腫瘍

β2ミクログロブリン

β2ミクログロブリンとは?どういうときに上昇するか?

β2ミクログロブリン(B2M)は、すべての有核細胞に存在するHLAclassⅠを構成する低分子タンパク質(分子量:11800Da)です。HLAclassⅠとは、免疫系が自己と非自己(外来抗原)を区別するための自他認識のマーカーでしたね。 基…

良性腫瘍と悪性腫瘍

良性腫瘍と悪性腫瘍の違いは?

腫瘍とは、一個の細胞から単クローン性に生じる増殖性病変のことで、良性腫瘍と悪性腫瘍に分類される。良性腫瘍と悪性腫瘍の鑑別は、その増殖様式や形、転移の有無などを見て総合的に判断される。 良性腫瘍は、限局し発育速度が遅く、多臓器に転移形成は見ら…

Raynaud現象

Raynaud(レイノー)現象

Raynaud(レイノー)現象とは寒冷刺激やストレスにより引き起こされる、手足の末梢動脈が発作的に収縮し、手足が蒼白になる症状である。 原因不明のRaynaud病の他、続発性のRaynaud現象として、強皮症や全身エリテマトーデス(SLE)…

ばち指

ばち指が示唆すること、またその発生機序は?

ばち指とは、手指と足趾の先端が太鼓のばちのように肥厚することからこの名前がつけられた。 この症状自体に痛みはないが、重大な病気を示唆することが多い。ばち指の明確な機序は不明だが、低酸素血症に陥っている時や動静脈シャントを生じる疾患、悪性腫瘍…

滲出性胸水と漏出性胸水の違い

滲出性胸水と漏出性胸水

胸水とは、胸膜腔内に何らかの多量の液体が異常に貯留した状態あるいはその液体そのものを指し、その性状によって炎症性の滲出性胸水と静水圧の上昇や血漿膠質浸透圧炎の低下などにより生じた非炎症性の漏出性胸水に分類されている。 滲出性胸水と漏出性胸水…