「 糖尿病 」 一覧

心因性多飲症の症状、診断、治療

心因性多飲症の症状、診断、治療

2017/11/01   -精神科

心因性多飲症とは、口渇感が異常亢進することにより水分摂取が過剰になり、AVPが抑制されることで多尿をきたす疾患である。明らかな器質的疾患ではなく、精神的なものとして捉えられており、若い女性に多い傾向に ...

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病の病態、診断、治療

2017/11/01   -産婦人科

妊娠糖尿病とは妊娠中に発症した耐糖能障害のことをいう。妊娠中はもともと胎児に糖を奪われるため、血糖値は下がりやすいが胎盤から抗インスリン作用のあるhPLが過剰に分泌されることで耐糖能障害を起こす。した ...

インスリン

インスリンの作用機序

2017/10/30   -内分泌科

インスリンは、膵のβ細胞で合成される1本のプロインスリンから生成され、細胞(特に肝臓、脂肪組織、筋肉)による血液からのグルコースの取り込みを調整する主要ホルモンである。 基本的には、血糖値が上昇すると ...

1型糖尿病と2型糖尿病

糖尿病の症状、診断、治療

2017/10/29   -内分泌科

糖尿病とは、インスリン作用あるいは産生低下によって、血糖値の上昇と糖の利用障害が起きる病気である。利用可能なインスリンの産生が不足したり、あるいはインスリン自体の構造に問題があったりすると、細胞が糖を ...

ストレスにより糖尿病になる理由

ストレスにより糖尿病になる理由

2017/10/27   -内分泌科

ストレスが増えると、自律神経が乱れるため、反応性にアドレナリン分泌量が増える。 アドレナリンは血圧を上げ、興奮を高める作用に加え、グリコーゲンの異化を促進し、血糖値を上げる作用があるため、アドレナリン ...

プレドニゾロンの作用機序と効果、副作用

プレドニゾロンの作用機序と効果、副作用

2017/10/22   -薬学

プレドニゾロン(PSL)は合成コルチコステロイド薬であり、免疫抑制薬として使用されている。潰瘍性大腸炎やCrohn病など特定の炎症性疾患や自己免疫疾患、またHodkinリンパ腫などの癌を治療するために ...

Whipple 3徴

Whipple 3徴

2017/10/21   -症候

Whipple 3徴とはインスリノーマなどで診断的価値の高い低血糖発作の臨床徴候である。 空腹時(または運動時)の突然の意識消失 発作時の血糖値≦50mmHg 摂食(ブトウ糖10g)により改善傾向 な ...

進行性筋ジストロフィーと筋強直性ジストロフィーの違い

進行性筋ジストロフィーと筋強直性ジストロフィー

2017/09/17   -脳神経科

筋ジストロフィーはDuchenne型やBecker型などの進行性筋ジストロフィーと筋強直性ジストロフィーに大別することができる。 進行性筋ジストロフィーでは、ジストロフィン蛋白などの筋細胞膜の維持に必 ...

血中アルカリフォスファターゼ(ALP)が上昇する疾患|血液検査

血中アルカリフォスファターゼ(ALP)が上昇する疾患

2017/06/17   -検査医学

アルカリフォスファターゼ(ALP)はLAP、γ-GTPと共に胆道系酵素と呼ばれるものである。ヒトにおいては、肝臓内の代謝や骨格内の発達において不可欠な役割を果たしており、これらにおける疾患、たとえば肝 ...

閉塞性動脈硬化症(ASO)と閉塞性血栓性血管炎(TAO,Buerger)

2017/05/14   -循環器科

閉塞性動脈硬化症(ASO) 閉塞性動脈硬化症とは、四肢動脈の粥状硬化による狭窄・閉塞のために起きる主に下肢の虚血と間欠性跛行を特徴とした疾患である。一般に、50歳以上の高血圧や糖尿病などの基礎疾患を持 ...

Copyright© MEDY , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.